ただいま勉強中!新人法律事務員のなるほど法律ブログ

2014.10.15

弁護士の業界用語

『いそべん』という言葉をご存知でしょうか。

聞きなれない言葉だと思います。

私も、この事務所で働き始めるまで聞いたことも使ったこともない言葉でした。

『いそべん』とは、『居候(いそうろう)弁護士』の略です。

独立して個人で事務所を構えている弁護士の事務所に雇ってもらう新人弁護士のことです。

『居候(いそうろう)』という言葉を用いることに衝撃を受けました。

他にもっといい表現があるような気がしてなりませんが、これが業界用語というものなのでしょうか。

新人弁護士は顧客も経験もないので、『いそべん』として平均3~5年ほど経験を積み、

顧客を分けてもらうなどして独立したり、そのまま勤めた事務所で共同経営という形を取ることもあります。

確かに、「弁護士になりました。」といっても、直ちに依頼者がいるわけではなく、学校の先生やお医者さんのように

学校や病院に勤めるというものではないので、

経験豊富な弁護士と一緒に経験を積むことが大切だということですね。

弁護士というと、「先生、先生」と呼ばれ、ともすると偉そうなイメージを持たれることが多いかも知れませんが、

新人の弁護士は偉そぶることなく『いそべん』として頑張っておられます。

『いそべん』と呼ばれることに抵抗はないのか。

機会があれば聞いてみたいです。

【四季の風法律事務所 事務員】

Copyright (C) 四季の風法律事務所 All Rights Reserved.