ただいま勉強中!新人法律事務員のなるほど法律ブログ

2015.03.17

ホワイトデー

 3月14日はホワイトデーでした。

クッキー、マシュマロ、マカロン、かわいいハンカチやきれいなブーケなど、

雑貨屋さんの店先がかわいらしく彩られていました。

バレンタインデーはチョコレートの色のせいもあるのかもしれませんが、

チョコレート売り場が戦々恐々として見えるのですが、

それに比べるとホワイトデーの売り場はほんわか感じられます。

しかし、そんなホワイトデーにまつわる事件がニュースになっていました。

「ホワイトデーにお返しがなかった」

理由はそれだけではなかったのでしょうが、夫の首を絞めて怪我を負わせた妻が逮捕されました。

命に別状がなかったことが何よりですが、何がきっかけで自分が加害者または被害者になるか分からない恐怖を感じました。

人はどうしても見返りを求めてしまいます。

善意でしたことでも、どこかで感謝されたいと思ってしまうものですし、

それは親しい人との間においても同じです。

それがビジネスの世界になればもっと顕著で、人に何かしてもらえばその対価を支払うのは当然です。

スーパーでお弁当を買って、500円を支払うというように、物とお金のやりとりはわかりやすいですが、

サービスを売る仕事は、お金を支払う側にはっきりとした物が残らないので、そのやりとりがあやふやになる危険があります。

医療もそうですし、弁護士の仕事もそうです。

そこで必要になってくるのが、信頼関係ではないでしょうか。

目に見えないものをやり取りする根底には、やはり目に見えない信頼関係が必要不可欠です。

ご依頼いただいた方には弁護士を信頼していただきたいですし、

弁護士は、信頼を築くための努力を惜しむべきではありません。

そのために自ら考え行動しています。

自分で一日のスケジュールを決めることができ、デスクに高速されることもない自由な仕事に思われるかもしれませんが、

自由がゆえに本当に人としての力量が問われる仕事です。

昨日、若手弁護士と話し、その基本的で最も大切なことを再確認いたしました。

ホワイトデーは過ぎましたが、感謝の気持ちを伝え忘れていた方は、思い切って伝えてみてはいかがでしょうか。

【四季の風法律事務所 事務員】

Copyright (C) 四季の風法律事務所 All Rights Reserved.