ただいま勉強中!新人法律事務員のなるほど法律ブログ

2015年08月

2015.08.04

猛暑が続いております。

 8月になりました。

先週末には、39度を記録した京都ですが、いかがお過ごしでしょうか。

35度を越えると、風が吹いてもドライヤーのような温風で、息をするのも苦しいと感じます。

しかし、室内や公共交通機関は冷房がガンガンきいていて、腕や足が冷たくなってしまうので羽織るものが欠かせません。

特に、男性と女性とでは温度の感じ方が違うため、多くの職場で男性社員と女性社員の攻防が繰り広げられているのではないでしょうか。

当事務所は、現在男性1名女性3名ですが、クーラーの主導権はボス(男性)にあるようです。

本日、弁護士は遠方の拘置所や警察署まで接見に出かけており、終日外出しております。

このように、弁護士のスケジュールは日々変動しますので、面会(相談)のアポイントをお取りいただいていない場合等は、お電話をいただいても対応できないことも多くなります。

移動中は、私どもも弁護士とスムーズに連絡が取れないこともあり、お返事が送れてしまいご迷惑をおかけしております。

お電話をいただいた際は、必ず弁護士にお伝えいたしておりますので、ご安心ください。

私どもは、業務上裁判所に電話をすることが多いのですが、裁判所には代表番号のほかに各継続部に直通のダイヤルインがあります。

ダイヤルインをまわせば、希望の部係りにダイレクトにつながるので非常に便利です。

代表番号にかけて、次から次へとたらい回しにされ、その都度名前と用件を聞かれて・・・といった経験はないでしょうか。

裁判所のダイヤルインはインターネットで簡単に検索できますので、一覧をプリントアウトしておくと便利です。

※京都地方裁判所のダイヤルインはこちら→http://www.courts.go.jp/kyoto/vcms_lf/120410.pdf

猛暑が続くと、暑さのせいでついついイライラしがちになります。

そんなとき、少しの工夫で手続きが簡略化できれば、そうれは双方にとってメリットですね。

暑いときだからこそ、冷房に頼らず、快適に仕事をする工夫を施したいものです。

【四季の風法律事務所 事務員】

Copyright (C) 四季の風法律事務所 All Rights Reserved.