ただいま勉強中!新人法律事務員のなるほど法律ブログ

2015年09月

2015.09.25

裁判員裁判

 当事務所初の裁判員裁判が間近に迫ってまいりました。

裁判員制度は、平成21年5月21日にスタートしました。

裁判員裁判の対象事件は、『一定の重大な犯罪』であり、殺人、強盗致傷、傷害致死、危険運転致死、身代金目的の誘拐などが、これに該当します。

裁判員制度がスタートするにあたっては、各方面で議論が尽くされ、テレビの話題をさらっていた記憶がありますが、もう6年も前のことなのかと思うと、月日の流れを感じます。。

さて、裁判員裁判に向け、当事務所の弁護士2名も書面の作成が架橋に入ってきました。

当日は、6名の裁判員の前で、冒頭陳述、被告人質問、証人尋問、弁論等を行うわけですが、

通常の裁判官裁判と違い、弁護士の話を聞いているのは、一般の人々です。

裁判官に話すような専門用語を羅列しても、格好はいいかもしれませんが、意味が伝わらなければ本末転倒です。

そこで、私が登場します。

私は、法律事務所に勤務していますが、一般人です。

もちろん法律用語はわかった上で業務をこなしていますが、一般の感覚はありますので、この用語はわからないだろうとか、この表現は伝わりにくいだろうということが分かります。

弁護士が作成した書面に、一般人目線から加筆修正を加えるわけです。

被告人のことをまったく知らない無作為に選ばれた人たちが、この話を聞いてどう思うのだろう。

「この意味が分かりません」「だから何を言いたいんですか」「これでは説明し切れていません」

なんて偉そうな事務員!そう思われてしまうかもしれません。

しかし、私は書面をチェックするときは正直でいたいと思っています。

弁護士は、専門性の高い特殊な仕事です。

しかし、弁護士が代理しているのは、普通の人です。

そのことを忘れず、依頼者と向き合って欲しいと思いますし、

今回の準備期間の中で、事務員がその中を取り持つ存在であればいいなと思いました。

裁判員裁判はこれからです。

休日返上で戦っている弁護士の姿に、私も力が入りました。

【四季の風法律事務所 事務員】

2015.09.01

もうすぐ秋ですね。

 前回のブログで「猛暑が続いております」と書きましたが、すっかり季節が秋に近づきました。

今日から9月の始まりです。

生憎の豪雨でスタートした9月。

今週はなかなかお天気に恵まれないようですが、後半にはシルバーウィークも控えておりますので、体調を崩さないよう注意したいところです。

さて、当事務所では、住所調査相続調査を行うことが多いのですが、その際に住民票(除票)、戸籍(除籍・原戸籍)謄本、戸籍の附票等を取得します。

これは、各市区町村の役所に請求するのですが、ただというわけではありません。手数料が発生します。

例えば、京都市の場合、住民票は1通350円、戸籍謄本は450円、除籍・原戸籍謄本は750円、戸籍の附票は350円という具合です。

この手数料は、郵便局で購入できる『定額小為替』で納めます。

しかし、この『定額小為替』は購入時に手数料が必要になり、100円の小為替でも750円の小為替でも一律に100円の手数料がかかります。

つまり、京都市で住民票を1通取得しようと思うと、定額小為替350円+手数料100円の計450円の費用が発生するのです。

そして、この金額は各市区町村によって異なります。

調査対象者が何度も引越しを繰り返していたり、被相続人に子供や兄弟姉妹が多数存在するときなどは、調査費用が膨大になることも少なくありません。

また、厄介なことに、調査を始めてみないと調査費用がいくらになるか全く予想できないのです。

こういった調査は徒労に終わることも少なくありません。

無駄に思える作業にも意味はある!そう思って仕事に臨んでいます。

ここのところ、事務所を落ち着きを取り戻しています。

若手の弁護士と話をしたところ、この時期弁護士は少し時間に余裕が出来るかもしれないとのことでした。

一年を通して、いかなるときもご相談者様の不安や悩みに寄り添えるそんな事務所になりたいものです。

【四季の風法律事務所 事務員】

Copyright (C) 四季の風法律事務所 All Rights Reserved.